伊藤組土建株式会社

伊藤組土建についてABOUT US

創業以来、北海道開拓の歴史とともに歩みつづけて120余年
豊富な施工経験と絶えざる研さんにより豊かな社会環境を創造する、責任ある総合建設業

メッセージ

伊藤組土建は、1893(明治26)年の創業以来、北海道を拠点として120余年の歴史を重ねてきた総合建設会社です。「責任観念」「誠心誠意」を社是に掲げ、北の大地に道を拓き、最良の作品を世に遺すことを目指して、さまざまな建造物をつくってきました。それは社員一同が常に技術を研さんし、最善の努力を積み重ねてきた歴史でもあります。

これからも地域社会の皆さまからの要望にお応えし、一層の信頼をいただけるよう、協力一致して努めてまいります。私たちと一緒にものづくりの仕事に取り組んでいきましょう。

代表取締役社長 玉木 勝美

責任観念

それぞれの職務には責任が伴い、しかもその責任は極めて大である。職務の遂行には、関係部署との連絡を密にすることはもとより、他人に頼らず、勇気と創造性をもって積極的に取り組み全力を挙げなければならない。

誠心誠意

すべて正直を柱とし、自分に厳しく、誇張、虚言を戒め、公正に行うことが職務遂行の根本である。常に研さんを積み、教養を高め、豊かな心で相互の信頼を深めいかなる事態にあってもまごころを以て最善の努力をしなければならない。

伊藤組土建の魅力

豊富な施工実績

北の大地が「北海道」と命名されたのは 1869(明治2)年のことでした。伊藤組土建の創業はその24年後、1893(明治26)年です。以来、120年以上の歴史を歩んできた当社には、道路、橋、河川、トンネル、ダムや、役場、学校、病院、マンション、商業施設など、豊富な施工実績があります。

高度な技術力

社会のニーズに応えるため、当社では常に技術の向上に努めています。太陽光発電事業や、積雪地帯ならではの利雪技術といった環境関連技術の実績があります。また近年はICTを活用した施工(情報化施工)の導入や、BIM活用など、最新技術への対応を進めています。

社業を通じて地域社会に貢献

建設業は、自分たちのつくったものが長く世に残り、大勢の人たちの生活基盤を支えていく仕事です。当社は北海道で大規模な工事を数多く手がけてきました。これからも当社は、安全で品質の良いものを造り続けることで、地域社会の発展に貢献していきます。

求める人材像

その1仕事への意欲

やる気、情熱、積極性など、言い方は様々ですが、「この仕事をやろう!」という気持ちがあることが大事。自分から意欲をもって取り組んだものと、そうでないものとは、結果にも差がつきます。特に建設工事の仕事では、適当に対処した結果が重大災害につながりかねません。困難があっても途中で投げ出さず、最後までやり遂げる根気も必要です。みんなで元気よく、粘り強く、意欲をもって取り組みましょう。

その2建設の仕事への理解

昔から建設の仕事は「きつい・汚い・危険」の「3K」などと言われています。近年は職場環境改善の取組みなどにより、現場の様子も変わってきていますが、それぞれに考える建設業のイメージと、実際の様子とでは、ギャップがあることも少なくありません。業界研究やセミナーなどを通じて「建設業の仕事ってどんなことをするの?」という情報をキャッチし、働く自分の姿をイメージして、理解を深めてもらいたいと思います。疑問があれば会社の担当者にどんどん質問してください。

その3チームワーク

建設の仕事は、人同士のつながりがとても重要です。先輩や上司など社内の人たちだけでなく、協力業者、発注者、設計会社など関係各位の協力があって、円滑に工事を進めていくことができます。周りの人たちとのチームワークで仕事に取組み、自分たちがリーダーの役割を果たして工事を完成に導くのがゼネコンの仕事です。お互いに支えあって取り組んでいこうという姿勢が求められます。